男女 の違いを考慮した計画をたてるべき理由

¶ 「男でも女でもない」を前提とした教育がつくられたのは学校教育のたまものであり、近代化(工業化)される以前は、最初から“男性”と“女性”が異な る教育概念によって育てられていた。 
¶ “フェミニズム”によって生み出された歪み。女性化する男性と男性化する女性。
¶ 女性に特化した教育内容とは何か。
¶ 男性に特化した教育内容とは。
¶ 「男性が仕事。女性が家政」という考え方が聖書的な考え方からみてどのような問題を含むのか。
¶  体の構造と、「外で仕事をする男性。家を守り子どもを生み育てる女性」
¶ “主婦”の働きを重んじない傾向から生み出される亀裂や破壊。
¶ 性差が主にある創造の賜物と理解する。自分の体を理解することが、「自分を愛する」ことにつながる。
¶ それでは、「性同一性障害」を聖書的にどのように受け止めたらよいのか。
¶ 結婚におけるセックスや出産が忌むべき汚れに属するのではなく、尊ばれる事柄であると教えられるべき。
¶ とらわれた独身主義をめざすのではなく、健全な家庭形成をめざすべき。
   結婚がすべての人に尊ばれるようにしなさい。寝床を汚してはいけません。なぜなら、神は不品行な者と姦淫を行なう者とをさばかれるからです。(ヘブル書 13:4)