ピアプレッ シャーがやってくる
   
¶ 学校は社会からみると、“温室で飼育された”状態である。
  同年齢が、長時間、同じ教師から影響を受けるということは一般社会では存在しない。

¶ 異なる年齢や世代が共存するのが社会のリアルな姿である。
¶ 異なる年齢が共存することで、“見習い”と“模倣”がより実現しやすくなる。
 つまり、異なる世代や年齢が混在することはピアプレッシャーを回避するための最良の手段であるといえる。

¶ 劣等感や優越感が歓迎できない。それでは能力や機能を向上させたり飛躍するための“バネ”とされうるのか。
  劣等感が嫉みや妬みの温床となり、優越感が、蔑視や差別の温床となる。
¶ 自分の欠点がどこにあるのかがわかり、兄弟や隣人の優れたところを理解できるようになること。
¶ 欠点を克服するための手段を探す。兄弟姉妹や隣人の優れたところを倣うようになることを会得する。

¶ 思春期に、学校の外から見える“魅力”にひかれる心とは何か。
¶ 聖書的意味の世との共存とは。世俗のなかでいかに“世の光”“地の塩”であるか。
¶ 聖書的な意味で望まれる“世からの分離”とはどのようなものであるか。