遊 びを仕事に! 仕事に遊びを! その両方に学びを
 
  ¶ 社会人になってから後のONとOFF区別は当然です。
 ¶ 仕事の質を高めるためには、仕事が楽しくなるのが最善です。お金を稼ぐためだけのために苦役を忍ぶのではなく、最善のものを生み出すことに喜びと楽 しさがもたらされること。
 ¶ 遊びのなかにも仕事に生かせるスキルや知恵は見いだされます。ゲームによる能力開発のグッズは多数存在します。楽しいだけの時間も大切ですが、ホー ムエジュケーションにおいてはそのなかにも学ぶためのヒントが溢れています。最も自然に「どうしてか、なぜか」を示唆できるのではないでしょうか。 
 ¶ ホームエジュケーションにおいては全部が“遊び”、同時に全部が学びの時間になります。365日夏休み。学校にいるよりも、楽しく、学習効果を得る こともできます。
 ¶ 時間帯の区切り。月間予定や週間予定を親子で話し合うのは大切な時です。とくに父親がどのように時間をつかうか。子どもにとって大きな経験になりま す。
 ¶ “たいくつ”との闘い。集団のなかにいるとか他人が介在しなければ過ごせないのではなく、一人の時間をどのように工夫するか自分で見いだすのもスキ ルの一つです。ホームエジュケーションにおいては、切れ目のない時間を有効利用できます。時間の分断に悩ませられる必要がなくなります。